仁先生のフィジカルアセスメント教室

バーチャルフィジカルアセスメント

フィジカルアセスメントの基礎学習(テキスト形式)、基礎学習(動画形式)、症例学習をまとめました。

フィジコのフィジカルアセスメント教室

患者シミュレータを用いたシミュレーション教育は、国内のみならず国外においても一般的な教育法です。ここではフィジコを使用したフィジカルアセスメントを学びます。

症例情報公開(Probleme Based Learning) 実際に薬剤師が体験した症例

PPIによる膠原繊維性大腸炎
NSAIDsとワルファリンの併用による出血傾向の増大

【情報提供のお願い】

 薬剤師の先生方から副作用の早期発見または薬効の確認に関する症例情報を集めています。これらの情報は、同意をいただいた上で詳細の内容を確認後、薬剤師間の情報共有と臨床能力向上のために“バーチャルフィジカルアセスメント”と同様の形式にて、患者背景・処方せん内容・バイタルサイン・各種検査値の閲覧や心音・肺音・腸音の聴診結果などをテレメディカネットにてWeb公開させていただきます。なお、個人情報保護および守秘義務の観点から提供された情報の取り扱いには十分に配慮いたします。

 ご提供可能な先生がいらっしゃいましたら、こちらのエクセルファイルをダウンロードいただき、ご記入の上、徳永まで メールでご送付ください。ご不明な点やご質問などもお気軽にお問い合わせください。ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 本研究の一部は、日本学術振興会科学研究費助成事業の研究助成によるものです。なお、本研究は九州保健福祉大学の倫理委員会の承認を得ています。

【メールアドレス】
j-tokunaga@phoenix.ac.jp


※上記「メールアドレスをコピー」にてコピーできなかった場合は、お手数ですが、手動にてコピーを行ってください。